富士ソフトサービスビューロ

文字サイズ
小
中
大

トップメッセージ

 

代表取締役社長 佐藤 諭私たち富士ソフトサービスビューロの歴史の始まりは、1984年に遡ります。当時は、生命保険会社などが扱う個人情報をコンピュータシステムに入力するデータエントリー(電算入力)が主な事業でした。近年、ICT技術の進歩によって、全てのビジネスプロセスが見直されるという激動の時代の中、多様化、高度化、広範囲化するお客様のニーズに的確に対応するべく、「トータル・アウトソーシング企業」として変革を始めたのは、15年ほど前のことになります。

当社は30年の社歴を持っておりますが、実際の現場を支えるスタッフは若手社員が大変多く、ビジネスに取り組む姿勢はもちろん、社内の雰囲気まで若々しさにあふれているのが当社の特徴でもあります。また、社員の約75%を女性が占めており、広く女性が活躍できる会社であるとの自負もあります。

今年、当社は東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)市場に上場し、次の成長ステージへと入りました。私は、富士ソフトサービスビューロの未来を支える人材は、まさに、これから入社する新入社員の皆さんであると強く思っています。社会に出る最初の一歩に「富士ソフトサービスビューロ」を選んでくれた新入社員の皆さんの想いや期待には、力の限り応えたい、そして、企業を支えるコア人材として、一人の立派な人間として成長できるよう、「本音」と「本気」で接していきたいと考えています。

これからも当社は、「新たなビジネスモデルを開拓する」という大きなテーマに挑戦し続けていきますが、その中で新しい歴史に自分の名前を刻めるという点で、当社でのやりがいや手応えは大きなものであることはお約束いたします。